はりきゅう施術

鍼灸(はりきゅう)とは

鍼灸とは中国の古典理論に基づいた中国医学(漢方医学)で用いられる治療法で、おもに鍼(はり)と灸(きゅう)を使って治療を行います。
日本には飛鳥時代に鍼灸の技術が伝わったとされ、日本人の体質に合わせて変化・発達してきました。
最近ではWHO(世界保健機関)にその効果が認められ様々な現場で活躍しています。
えにし堂では中医学に基づいた診断からツボを選び根本から治療するとともに体質を改善し健康な体をつくることが出来ます。

鍼灸の「はり」について

鍼灸施術に使われる鍼の多くは0.12mm~0.20mm(0.02mmずつ5種類)で注射針の半分ほどの太さで、注射針の穴に鍼灸の針を何本も通すことが出来ます。
また、当院では衛生面を考えて鍼は全てディスポ―ザブル(使い捨て)の鍼を使用し、使いまわしや置き鍼(鍼を購入してMy鍼として繰り返し使うこと)はしておりません。

はりきゅう施術ってこわくない?

韓国や中国のドラマで鍼を刺すシーンを見るといかにも痛そうですよね。
それは、中国の鍼灸施術が元来の体の強さからどうしても強い刺激での施術が好まれるからなんです。(時代背景もありますが…)
日本は島国なのでそれほど体が強くなく感受性の高い方が多いです。 そのため、日本の鍼灸施術はなるべく優しい刺激で鍼を打つことが出来るように進化してきました。鍼先も痛みが出ないよう日々研究されています。
えにし堂鍼灸整骨院では、その中でも特に痛みが少ない治療道具を選び、リラックスして受けて頂けるよう日々技術の研鑽をしております。
また、刺さない鍼を使って施術することも可能ですので、体に鍼を指すことに抵抗がある方は施術前にお伝えください。

はりきゅう施術の効果

鍼灸施術の効果は実に様々です。 血行を促進させ全身の血流を改善し、患部の炎症・筋肉の凝りや張り・冷え性などを改善。
体内に侵入した鍼を異物と判断し白血球など免疫細胞が増殖することで免疫力が活性化し、風邪や感染症にかかりにくくする。 鍼灸施術は自律神経を調える効果が高く、内臓の不調・不眠・うつ傾向などに効果的。
など様々な症状に効果があり、即効性も高いのがはり治療です。 えにし堂鍼灸整骨院では特にぎっくり腰・寝違え・捻挫などの急性外傷・内科系疾患・婦人科疾患の方には特にお勧めしています。 細かい適応疾患を以下にまとめておきましたので参考にしてみてください。

WHO(世界保健機関)が
鍼灸が有効と認めた疾患

【WHO(世界保健機関) が鍼灸療法の有効性を認めた疾患】

神経系疾患
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患
関節炎・リウマチ頚肩腕症候群頚椎捻挫後遺症五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患
気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分秘系疾患
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

赤色で表示している疾患は保険適用疾患です。

保険適用について

鍼灸は保険適用が可能ですが、適用疾患に対する医師の同意書もしくは診断書が必要です。同意書は当院にてご準備いたしますので一度ご相談ください。

鍼灸保険適用疾患
  • 神経痛
  • リウマチ
  • 頚腕症候群
  • 腰痛症
  • 頸椎捻挫後遺症

保険適用について詳しくはこちら

ページトップへ