ブログ

カテゴリー

スポーツはりきゅう施術予防疲労美容メニュー膝痛酸素ルーム

大関・貴景勝 (注射と)酸素カプセルでケガを治す!

こんにちは!
奈良県奈良市で唯一の猫背矯正専門院
えにし堂鍼灸整骨院 院長の福井です。

ケガと高気圧酸素療法

先日のYahooニュースを巡回していたら
気になる記事を発見したのでご紹介します
リンク:スポニチ「貴景勝 8日目から再出場、右膝に注射&酸素カプセルで驚異の回復」

右膝の故障

大関・貴景勝は夏場所4日目(5/15)に小結・御嶽海との一番で

右膝の内側側副靭帯を損傷し、5日目から休場していたのですが

8日目から再出場する。

という内容の記事です。

スポーツ選手からすると生命線ともなる膝関節のケガですが、

膝関節は平地を歩いているだけでも3~8倍の負荷がかかっており

60キロの人であれば180~480キロの負荷に耐えなければなりません。

そのため「内外の半月板」「内外の側副靭帯」「前後の十字靭帯」など

多数の組織から成り立ち、非常に頑丈かつデリケートな関節です。

中でも内側側副靭帯は損傷の頻度が高く、

膝がつま先よりも内に入る ニーイン・トゥアウト(Knee-in, Toe-out)の状態や

変形性膝関節症で傷みやすい部分です。

今回、貴景勝関は膝への注射(炎症を抑える痛み止め?)の後に

腫れが引いたため再出場という事ですが、

恐らく一時的に炎症・組織内出血が落ち着いただけでまだまだ安心できない状態です。

一施術家としてはしっかりと施術・リハビリに専念し再発の防止をした方が・・・

と考えてしまいます。

ケガと酸素カプセル

と、前置きを長々と書きましたが

実際私が注目したのがその後の部分です。

【高気圧酸素カプセルを導入するなど、急ピッチで土俵に上がる準備を進めている】

ここです( ・´ー・`)

過去にデビッド・ベッカム選手がW杯前に骨折し施術に用いられたことで有名になった

「酸素カプセル」

(↑えにし堂の高気圧酸素ルーム)

酸素カプセルの導入で今回のケガも回復が早かったとのこと!

人の身体は「酸素」を主体とした「クエン酸回路(TCAサイクル)」によって

エネルギー(ATP)が産生されています。

高気圧酸素カプセルは高気圧状態で高濃度酸素を吸入することで

エネルギー産生を促進し、毛細血管の先まで酸素やエネルギーを送ることがでるので

自然治癒力を高め、ケガを早く治す事が出来ます。

また、最近では疲労回復やケガの早期治癒の他に

抗がん剤投与後のケアや予防、血流改善による認知症の予防、歯周病菌の殺菌、

などに効果があると発表され、ますます注目を浴びるようになりました。

まとめ

酸素カプセルはまだまだ認知度が低く

何に効くのか分からない方が多いかと思います。

慢性疲労

ケガ

関節痛

むくみ

冷え症

耳鳴り

集中力UP

高血圧

血液サラサラ

自律神経調整

美肌・アンチエイジング

病気の予防

など様々な悩みに効果的ですので、自分にはどうだろう?

とご興味を持っていただけたら幸いです^^

↓もしお身体の悩みがあれば一度ご相談ください↓

予約アプリからの予約・相談

LINE@からの予約・相談

ページトップへ