ブログ

カテゴリー

ダイエットファスティング動画美容メニュー院長のファスティング日記院長の日常

5日間ファスティング日記【回復食2日目】

こんにちは!
分子整合医学美容食育協会 奈良西大寺支部長
エキスパートファスティングマイスター

えにし堂鍼灸整骨院 福井秀哉です。

2019年9月17日(火)からスタートした「5日間ファスティング」を

日記調に記録してみました。

それでは回復食2日目スタートです!

回復食2日目~回復食が必要な理由~

回復食2日目は

昨日から始まった回復食を食べる理由についてお話いたします。

回復食はファスティングをしていくうえで最も大事な期間です。

身体の中をデトックスし、キレイになった状態を

更に良い状態にして効果が長続きするように装飾していく期間です

 

回復食2日目

回復食と聞くと

急に硬い物を食べると消化不良を起こすから必要

と、思われる方が多いかと思います。

ですが動画でも紹介しましたが本当の理由は

1.腸内環境を改善するため

2.リバウンド・ホルモン異常を防ぐため

3.腸が赤ちゃんの状態になっている

この3つにまとめられます。

1.腸内環境を改善するため

ファスティングをする事で腸内はスッカラカンになります

これは食塊以外にも腸内細菌も同じです。

腸内細菌には大きく分けて善玉菌と悪玉菌の2種類があるのですが

その数は100兆→1億まで減ると言われています。

善玉菌も悪玉菌も減っているため

食べるものによってどちらが増えるかが変わってきます。

善玉菌は野菜や植物性の乳酸菌を餌に増え

悪玉菌は肉や乳製品、化学調味料を餌に増えてしまいます。

この機会に善玉菌を増やして腸内環境を整えましょう。

それが1つ目の回復食が必要な理由です。

リバウンド・ホルモン異常を防ぐため

ファスティング後の胃腸はとても吸収率が高くなり

食べたものをすぐに吸収してしまいます。

ですので、急に高脂質高タンパクな食事を摂ると

リバウンドで折角のダイエットがパーになってしまいます。

また、人の身体はホルモンによって調節されています。

そしてホルモンの一部は食べたモノからつくられます。

普段から暴飲暴食をしたり、

悪い油(トランス脂肪酸など)、食品添加物などを多く摂取している方は

この機会に何か一つでも正しい食生活を心がけ

ホルモンバランスを整えるきっかけにしていただきたいと思います^^

腸が赤ちゃんの状態になっている

ファスティング後はお腹の中がキレイになり

赤ちゃんの状態になっています。

赤ちゃんに急にお肉を食べさせると

勿論消化不良になります。

まだ未発達な子供にジャンクフードばかり与えていると

好き嫌いや偏食でちゃんとした食事が取れなくなってしまいます。

大人も一緒で最初は離乳食の様なお粥からスタートし

徐々にスープや野菜の煮物

そして最後にお肉や魚、卵などを食べるように段階を踏むことを意識しましょう。

回復食2日目結果

↑回復食2日目の昼食

家から持ってきたお粥を院内でいただきます

お味噌汁も水筒で持参です

↑回復食2日目の夕食

柔らか~く炊いたご飯

野菜山程いっぱい味噌汁

梅干しとお漬物

お漬物はぬか漬けがいいのですが・・・そんなもの無い!(笑)

そしてお待ちかねの体重測定

体重:50.6kg

体脂肪率10.2%

回復食がスタートして

食事を摂り始めてもこの体重

そして、体脂肪が2日前と比べて-2%!

これは驚いた(笑)

一応33歳のおっさんの体重・体脂肪ですよ(笑)

まとめ

明日で5日間ファスティング日記は最終回となります。

最終日はいったい何kgになるのか・・・

多分もう少し戻ると思いますが^^;

それでは次回もお楽しみに!!

ファスティングにご興味のある方は

是非動画を見てファスティングについて知っていただければと思います。

それではまた次のブログで ノシ

↓ファスティングにご興味がある方は↓

LINE@からご相談もいただけます

ページトップへ